泳力認定とは

ためしてみよう、泳力認定

あなたの泳ぎ、チカラはどれくらい?

あなたも全国共通の泳力認定が受けられます。

泳力認定とは、一般社団法人日本スイミングクラブ協会が定めた全国統一の泳力認定にもとづき、あなたの泳力を認定するものです。 当協会加盟のクラブ会員並びに日本に在住しているすべての水泳愛好者が認定を受けることができます。 そして、取得頂いた認定級は、履歴書等に記載できる公式のものです。 泳力認定会は、当協会加盟クラブ主管で実施され、当協会より認定を受けた泳力認定員によって検定が行われます。

泳力認定会の目的とは次のとおりです。

(1)全国規模での泳力の把握を行うこと。
(2)泳力向上の目安及び動機づけをすること。
(3)全国水泳愛好者の一員であることの自覚と誇りを持ってもらうこと。
(4)泳力認定を受けたことによって、広く水泳の啓蒙を行うこと。
(5)水泳指導者への道を開くこと。

認定基準は、級と段の2コース

ジュニア(17歳以下)泳力認定基準

通称(カード名)泳力認定の内容/種目
ジュニア6級4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)の中の1泳法25M完泳
ジュニア5級4泳法の中の(ジュニア6級受検合格泳法を除く)1泳法25M完泳
ジュニア4級4泳法の中の(ジュニア6級・5級受検合格泳法を除く)2泳法25M完泳
ジュニア3級4泳法50M完泳
ジュニア2級個人メドレー100M完泳及びスカーリングのヘッドファースト・フットファースト各10M完泳
ジュニア1級スイミングパスポート個人メドレー200M完泳

※ジュニア1級の認定を受けますと水泳段位の認定を受けることができます。 水泳段位は、初段から十段まで分かれており、泳がれた距離合計を基準に認定されます。

段位称号名認定基準
水泳初段ジュニア1級の認定を受けた後の泳いだ距離合計が110,000m以上であること
水泳二段水泳初段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が120,000m以上であること
水泳三段水泳二段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が130,000m以上であること
水泳四段水泳三段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が140,000m以上であること
水泳五段水泳四段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が150,000M以上であること。および、安全講習会(次のいずれかの講習会:本協会認定安全講習会、日本赤十字社講習会、本協会認定ジュニア救急法講習会、各消防署実施救命講習会)を、受講修了していること
水泳六段水泳五段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が160,000m以上であること
水泳七段水泳六段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が170,000m以上であること
水泳八段水泳七段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が180,000m以上であること
水泳九段水泳八段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が190,000m以上であること
水泳十段水泳名人水泳九段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が200,000m以上であること。合わせて水泳十段位昇段試験に合格すること

※水泳五段の認定条件は平成17年1日1日より改正されましたので、ご注意下さい。

マスターズ(18歳以上)泳力認定基準

通称(カード名)泳力認定の内容/種目
マスターズ6級4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)の中の1泳法25M完泳
マスターズ5級4泳法の中の(マスターズ6級受検合格泳法を除く)1泳法25M完泳
マスターズ4級4泳法の中の(マスターズ6級・5級受検合格泳法を除く)2泳法25M完泳
マスターズ3級4泳法の中の3泳法50M完泳及び横泳ぎ20M(15あおり以内)完泳
マスターズ2級個人メドレー100M完泳及び立泳ぎ30秒
マスターズ1級スイミングパスポート自由形800M完泳

※マスターズ1級の認定を受けますと水泳段位の認定を受けることができます。 水泳段位は、初段から十段まで分かれており、泳がれた距離合計を基準に認定されます。

段位称号名認定基準
水泳初段マスターズ1級の認定を受けた後の泳いだ距離合計が110,000m以上であること
水泳二段水泳初段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が120,000m以上であること
水泳三段水泳二段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が130,000m以上であること
水泳四段水泳三段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が140,000m以上であること
水泳五段水泳四段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が150,000M以上であること。および、安全講習会(次のいずれかの講習会:本協会認定安全講習会、日本赤十字社講習会、各消防署実施救命講習会)を、受講修了していること
水泳六段水泳五段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が160,000m以上であること
水泳七段水泳六段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が170,000m以上であること
水泳八段水泳七段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が180,000m以上であること
水泳九段水泳八段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が190,000m以上であること
水泳十段水泳名人水泳九段の認定を受けた後の泳いだ距離合計が200,000m以上であること。合わせて水泳十段位昇段試験に合格すること

※水泳五段の認定条件は平成17年1日1日より改正されましたので、ご注意下さい。

認定者を掲載しています。

ジュニアおよびマスターズ3級以上の合格者は月刊「スイミングマガジン」にお名前を掲載しています。また、水泳段位認定者は本協会ホームページにお名前を掲載しています。
段位認定者名簿

検定料及び認定料について

ジュニアの場合(級)

検定料認定料備 考
ジュニア6級540円648円認定証代・認定カード代を含む
ジュニア5級540円648円認定証代・認定カード代を含む
ジュニア4級540円648円認定証代・認定カード代を含む
ジュニア3級540円864円認定証代・認定カード代を含む
ジュニア2級540円1,080円認定証代・認定カード代を含む
ジュニア1級540円1,620円認定証代・スイマーズカード・ワッペン代を含む
クラブによりストラップの場合があります。

ジュニアの場合(段)

段位認定料備 考
水泳初段~九段5,400円認定証代を含む
水泳十段10,800円認定証代を含む

マスターズの場合(級)

検定料認定料備 考
マスターズ6級540円864円認定証代・認定カード代を含む
マスターズ5級540円864円認定証代・認定カード代を含む
マスターズ4級540円864円認定証代・認定カード代を含む
マスターズ3級540円1,080円認定証代・認定カード代を含む
マスターズ2級540円1,620円認定証代・認定カード代を含む
マスターズ1級540円2,160円認定証代・スイマーズカード代を含む

マスターズの場合(段)

段位認定料備 考
水泳初段~九段5,400円認定証代を含む
水泳十段10,800円認定証代を含む

1級認定者には、スイミングパスポートを発行。十段位の認定者には、水泳名人の称号を付与

1級認定者には、泳力認定証とスイミングパスポート(スイマーズカード)を発行いたします。 このスイミングパスポートを常時携帯じていただき、各種の水泳場の入場に際し、このカードが必要な場合はご提示ください。 また、十段位の認定者には、水泳名人の称号が付与されます。

一般社団法人 日本スイミングクラブ協会

〒101-0061 東京都千代田区三崎町二丁目20番7号
水道橋西口会館5階
TEL:03-3511-1552 / FAX:03-3511-1554
Copyright (C) Japan Swimming Club Association All Rights Reserved.